<< 世界一何もない島 | main | ☆チューク宿泊情報☆ 「KURASSA HOTEL」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |pookmark
国際恋愛❤



この帰国間際になって、初めてチューク人からラブレターをもらいました❤
内容はコテコテ。自転車に乗ってる姿を見ていてくれたようです。

でもね、嬉しいんだけど嬉しいんだけど、相手は中学生…。
私はチューク人と比べて縦も横も小さいから子供っぽく見られがちだけど…。
実際三十路UPですし。ねぇ。

そこで今まで何度となく考えた、国際恋愛についての私の意見を少し。

日本人同士でも難しいんだから、まして国が違えば尚更ですよね。
20代の頃は違いを目の当たりにする度に「なんでなんで?」って思ったけど、今はその方が逆にうまくいくんじゃないかって思っています。
だって日本人同士だったら理解しがたいような違いも、根本的に違うんだって納得できる。
「なんでかなぁー」ってイラつかずに流せるし受け入れられる。
喧嘩の時も言いたい事が100%伝えられないストレスはあれど、その分カッとなって地雷を踏む事もない。結果平和的な日々が過ごせるのでは。


でも。
例えば「志村ケンけん」そっくりの人を見かけたとする。
その時に「ケンさんだ!」って言いながら、一緒に笑えないのはすごく寂しい。
映画に行っても、TVのコメディーショーを見ていても、笑うタイミングが微妙に違うのはやっぱり悲しい。日本人特有の「あ、うん」の呼吸が通じないのはもどかしい。


…まぁ結局、どっちもどっちなんですよねぇ。


皆さんは国際恋愛、どう思いますか?

| ミクロネシア・チューク州(トラック諸島)のこと | 08:59 | comments(8) | trackbacks(0) |pookmark
スポンサーサイト
| - | 08:59 | - | - |pookmark
Comment
→のりをさん
ご報告はいつになるかわかりませんが…、必ず!
日本での再会、楽しみにしております!!
| Fah | 2012/03/05 3:51 PM |
確かに、恋人や家族にかぎらず、相手の考えや感情を理解しようとの考え方は大事だと思います。皆がそのような感覚を持っていれば、トラブルは激減すると思います。
では、ご報告を楽しみにお待ち申し上げておりますね。Fahさんなら素敵な方が見つかりますよ。だって、Fahさん自身が素敵な方ですから。。。(^^;
| のりを | 2012/03/05 3:03 PM |
→のりをさん
ラブラブでいいですねぇ〜!
理解しようとする努力、ほんとに大切だと思います。
恋人だけじゃなくて、職場の上司や同僚とか、全ての人間関係に対してですが…。
素敵な人に出会えたらご報告しますね!!
| Fah | 2012/03/05 8:34 AM |
夫婦喧嘩って、すべてが悪いものって訳ではないですよ。
普段から思っていることを十分に共有できていれば良いですが、そうでなければ喧嘩をしてお互いの理解が深まることもありますし。少なくとも、うちはそうです。喧嘩のあとしばらくはお互い辛いですが、いつも落ち着いたら以前よりお互いが大切だってわかります。

喧嘩も含め、相手を理解しようとする努力が大切ですね。そういう意味では、言葉での理解が難しい分、日本人同士より国際結婚の方が「甘え」が少なくうまく行くかもですね。

ま、愛し合えていれば、年齢、性別、国籍とか関係ないと思います。あ、私は同性愛者ではないですからね。
| のりを | 2012/03/03 6:12 AM |
→ゆみ
わかってもらえなくてもストレスを感じない事か!
変に説明して、共感を求めちゃいけないんだね…。自分で消化しないとね…。
| Fah | 2012/03/02 7:57 AM |
確かに笑いは大事よね〜。
シモーネに日本の笑いはわかってもらえなくても、イタリアの笑いはわかる部分出てきたよぉ。
日本の笑いは、一人で大声で笑うこと!わかってもらえなくてもストレスに思わないこと!まぁ、難しいけどねぇ。
| yumi | 2012/03/01 9:33 PM |
→PCさん
婚活サイトにシフト中ですので…w
でも私も日本人じゃない方がいいよってよく言われる…。
「あ、うん」が足りないのかしら。
| Fah | 2012/03/01 10:13 AM |
こっち系のネタが最近多いね?そんな年頃?(笑

国際恋愛いいんじゃない?新しい道が開けるかも。
友達に「PCさんは日本人じゃないほうがいいと思う」とよく言われる。きっと「あ、うん」がないんだろう。。。

15歳いいなー、青春だなー
| PCといえば○○ | 2012/02/29 6:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック