<< きたああああ♪ | main | ☆チューク宿泊情報  「TRUK STOP HOTEL」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |pookmark
☆チューク州観光局☆

Chuuk Visitors Bureau (チューク州観光局) 略してCVBが私の職場です。
オフィスは、島を南北に走るメインロード真ん中にある「TRUK STOP HOTEL」の隣。
TrukStop

私を含め5人のスタッフが働いています。
これが私達のビッグボス、ダイレクターのMason Fritz!
Mason Fritz


環境コーディネーター件ガイドのFrancis(奥)とドライバーのMichael(手前)
Francis&Michael

そして私とダイレクター秘書のNely!
Fah&Nely

南の島だから、きっと人も緩いんだろうなーと思いきやどっこい!
ボスは土日も飛び回っているし、他のみんなも仕事があればチャキチャキこなすし、その仕事に対する責任感もあります。

でも時間にはちょっとルーズかなあ。
ミクロネシアタイムは基本約束の1時間後。
朝も8時半出社のはずが、みんなが集まるのは9時半頃。でも終わるのは定時。笑
しかし私も相当ルーズ。だから肌に心地よい程度。問題なし。

また、ハード面でもこのオフィスは充実しています。
インターネットが異常に遅いのがネックですが…。

・電気が常にある
チュークは1日に何度も停電がありますが、ここはホテルに併設しているため、停電になってもすぐにジェネレーターが作動し電気の問題はありません。
プチっと切れてから3〜5分は真っ暗だけど、問題なし。むしろこの環境贅沢です。
Generator

・備品の充実
お水とお茶が飲めるように、こんなマシーンもあります!ラーメンも食べれます。
みず

そして驚くべき事に、それぞれが専用のプリンター(しかもカラー、スキャナ・コピー機能付き)を使用!
Printer

これは私が来てすぐに購入してくれました。感激^^
ペン、メモ、卓上カレンダーまで用意してあるし!


・車所有

観光局としての一番のお仕事はご案内。
急なお客様にも対応できるように、ちゃんとバスを所有しています。
Bus

江南市。笑。
現在もう一台小回りのきく車を注文中。


と、こんな感じで、今の所想像以上の素晴らしい環境でお仕事をさせて頂いてます^^

チュークにいらっしゃる際には、是非お立ち寄り下さいね〜☆

| ミクロネシア・チューク州(トラック諸島)のこと | 11:08 | comments(6) | trackbacks(0) |pookmark
スポンサーサイト
| - | 11:08 | - | - |pookmark
Comment
7月のはじめふらっと立ち寄ったおじさんです。
偶然ブルーラグーンリゾートから1時間かけて散歩して見つけました。
その節は突然の訪問にもかかわらず明るく対応していただきお礼お申し上げます。
2回目の訪問でようやく土地勘もでてきました。たぶん3回目もあると思います。道路と電気と水のありがたさをいつも感じる島です。
| Hotaka | 2012/08/15 7:54 PM |
あやちゃーん☆
あやちゃんブログ見てたら日本の繊細でおいしい物が恋しくなっちゃったよー><
お互い頑張ろうね^^
| Fah | 2010/05/20 8:31 AM |
久しぶりのたかちゃんの姿!
元気そうでなによりです。
リンクありがとー
応援してるからがんばってね!
| ayako | 2010/05/20 8:04 AM |
→Johnny
うん、コンピューター技術で来てる隊員が大変そうだよ…
車体の色変え案いいねえ!!提案してみるね^^

→yumi
イケメンかあ!?
でもいい子だよ。嫁持ち。笑
江南市は愛知県だよー、日本からの寄付バス^^
| Fah | 2010/05/19 8:58 AM |
> プチっと切れてから3〜5分は真っ暗だけど、問題なし。むしろこの環境贅沢です。

あんまり関係ないからいいんだろうけど、私の分野(サーバー屋)からしたら悪夢だ…

ところで江南市号、イマイチ面白くないから、暇な日にみんなで塗り替えたらいいのに。レインボーカラーとか、なんか平和的な感じでいいんじゃない?

しかし、なんか楽しそうだなぁ。
| Johnny | 2010/05/19 3:12 AM |
ボス、仕事マンなんだね〜!しかもドライバーのマイケル、イケメンだね?!
約束の1時間後、ってのがさすが南の島だけれど、みんな働くんだねー!
バス、江南市って事は韓国から来たのかね?
何だか、生活&仕事模様がよくわかったよー♪
| yumi | 2010/05/18 6:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック